〈くらしサポートゆっくる〉 台風一過で決断したこと、とは…(`・ω・´)。(~『衣替え』という1シーンから~)

「くらしサポートゆっくる」は、三重県の伊賀地域に16のグループホームを運営して
います。障がいをもたれた方が、住み慣れた地域で安心して生活いただけるように支援する事業所です。

こんにちは。くらしサポートゆっくるです!
9月も月末、1か月があっという間に過ぎ去っていきます。残暑は厳しかったですね…ただ、台風が通り過ぎた後一気に気温が下がって、季節を肌で感じるこの頃でもあります( ̄▽ ̄)。
そんな季節の変わり目である9月。先日気象庁が発表した取りまとめによると、「日本の今年6~8月の平均気温は平年を 0.91 度上回り、1898 年の統計開始以来、2010 年に次いで 2 番目に高かった」とのこと。地球温暖化で大気全体の温度が上がっていたことも考えられる、としています。
どおりで暑いわけです。

となると、この時期悩ましいのが『服選び』ではないでしょうか…。 いわゆる『衣替え』です。9月なのに熱帯夜で昼は30℃超えるしな~~。んーまだ半袖かな~、と踏み切れずにいたところに、この台風一過でようやく決心がつきました(^^;)。

というわけで今回は、利用者さんの『衣替え』をお手伝いを通して、その様子をお伝えできればと思います。

お伺いするのは、ゆっくるが運営する中で一番新しいホーム『くおーれホーム』です。
ブログでは何度か登場しているので、良ければ過去の記事も見て下さいね( *´艸`)

 

miraireport.hatenablog.com

今回、『衣替え』に協力いただく M.T さんです。よろしくおねがいしまーす!
お風呂に入ってスッキリしてからー、というご本人の要望に沿って行います(^^♪

さっそく自身の衣装ケースから衣類を手に取り、これからの季節に応じた服を選んでくれています。この時支援者であるワーカーが一緒に見て、適切かどうかをアドバイスしたりすることもあります。

服が選べたら、一度広げて確認してみましょう!(^o^)丿

そして、しっかりたたんで…からの~

ブイ!(*^^)v

 

最後は収納までやり切ってくれました!スッキリですねー。
今回は「タンス内へどのように衣類を入れるか」 というアドバイスのみ行いました。
時間は少しかかりましたが、衣替えにおける『服を選ぶ』→『たたむ』→『収納する』の工程を、ほぼご本人で行えうることが改めて確認できたのでした…( ..)φメモメモ

『できること』 『できないこと』 は利用者さんによってそれぞれ異なります。
またグループホームでの生活では、それぞれの個性があらゆる場面で表出します。
支援においては、日々の生活に寄り添いながらその方の『人となり』や『能力』等を確かめていく、その過程がとても大切ではないでしょうか。 

M.T さん、どうもどうも!今日はお疲れ様でした( ^^) _旦~~
また明日から、入れ替えた服で頑張って通所して下さいねー!


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


私たち『くらしサポートゆっくる』は、個人の実情や希望に合わせた生活環境の提供を行い、住み慣れた地域で自立した日常生活または社会生活を送ってもらえるよう、
これからも支援を続けてまいります。

〈ジョブサポートハオ〉障がい者就職面接会

こんにちわ!ジョブサポートハオです。

 

暑さの中にも少しずつ秋の気配を感じる頃となりました。皆様お元気でしょうか?今年の夏はコロナ禍に加えて天候不順(猛暑や突然の豪雨)で体調を整えるのが大変でしたね…

 

さて、毎年秋のこの季節には「ハローワーク伊賀障がい者就職面接会」が行われています。

  

   

ハオにご登録の方で求職活動をされている方にはこの面接会に向けて準備される方がたくさんいらっしゃいます。例年、伊賀庁舎にて20社ほどの企業さんが参加され70~80名の方が申し込みをされます。コロナ禍ということでここ2年はハローワーク伊賀2階にて一日3~4社ずつ6日間にわたって予約制での開催となっています。今回は伊賀市16社、名張2社の企業が参加されています。職種としては工場(軽作業・製造補助・検品)7社、介護施設(介護補助)3社、清掃2社、一般事務1社、小売サービス業3社、農業1社、警備1社となっています。ご登録者、企業の希望によりハオ職員が面接の席に同席させていただくことも多く、できるだけ多くの方が就労につながるように職員も気を引き締めて面接会に臨んでいます。

 

又10月からは三重県最低賃金も933円(平成以降で最も高い31円の引き上げ)となるので少しでも景気の好循環につながればいいですね。

 

皆さんの働くモチベーションは何ですかーーー?

〈ココロノイロ〉お月見ゲーム!(^^)!

こんにちは、ココロノイロです。

ココロノイロは小学生から高校3年生(18歳のお誕生日まで)の支援を必要とする子ども達を対象に、放課後や長期休暇に利用できる福祉サービスです。

 

9月といえば、お月見!

お月見は、十五夜である中秋の名月に、収穫の喜びをお祝いする日ですが、他の行事とは違い子どもたちに「お月見知ってる?」「お月見って何かな?」と尋ねると「分からなーい」と答える子が多かったです。

 

そんなお月見の行事に興味を持ってもらおうと

ココロノイロでは、お月見ゲームをしました( *´艸`)

 

まずはゲームで使うお月見作り!!

 

黄色の画用紙を丸く切り、そこに子どもたちがお顔を描いて

完成です(#^^#)

 

出来上がったお月様は、早速お月見ゲームで使いました。

 

 

最初のゲームは、『お月様を探せ!!』

雲に隠れているお月様をうちわで仰いで見つけるゲームです!

「よーいドン」の掛け声とともにうちわを思いっきり振る子どもたち(*´ω`*)

 

分厚い雲に覆われていたのでなかなか姿を見せてくれないお月様、、

「手伝って~~」と職員も参加して頑張ります!(^^)!

 

なかなか頑固なお月様(笑)

みんなも立ち上がり一生懸命仰ぎます!

 

 

「やっと見えた!」「うちわの風気持ちいいな~~」

お月様が見えると子どもたち大喜びでした☆彡

色んなお顔が出てきて「これ私(僕)作った!」と自分の作ったお月様が出てくると嬉しそうに教えてくれました(*´ω`*)

 

次のゲームは、『満月・新月どっちが多いでしょう』です。

黄色のお月様(満月)、黒のお月様(新月)のチームに分かれて時間内にひっくり返してどっちが多くひっくり返したかを競うゲームです!(^^)!



 

「ストップ!!」さあどっちが多かったかな?

 

「きれいなお月様見れるかな~」とワクワクしていた子どもたちでしたが、

生憎の天気で子どもたちに見れたか尋ねると「見れなかった( ;∀;)」と残念そうな子どもたち( ;´Д`)

 

ですが、ココロノイロでは、子どもたちが作ったお月様がキラキラ輝いています☆彡

来年こそはきれいなお月様が見れますように、、



 

 

以上ココロノイロでした!

〈れいあろは〉氷あそび♪

こんにちは、れいあろはです。

れいあろはでは、支援を必要とする子どもや保護者、子どもを支える人々を対象に支援を行っています。その子のありのままを受け入れ、愛おしく思う。子どもの笑顔を、家族と共に見守り、喜び、そっと手を取り、寄り添う。そんな気持ちを大切に支援しています。

 

今回は、氷遊びの様子を紹介します♪

箱が出てくると…

「何が入っているのかな?」

興味津々の子どもたち!

 

蓋を開けてみると中には、たくさんのが!!

アイス!アイス!

冷たーい!」と喜ぶ子どもたち♪

 

 

 

青色の丸い氷を見ると「地球グミみたい」と言っている子どもも

いました(^^)/

 

 

丸い氷や小さい氷は樋や机の上で転がしたり

滑らせたりして遊ぶ子どもが多かったです☆

 

 

 

氷をケーキに見立てて、色水をかけたり

花や草をトッピングしたりして、

可愛いケーキを作ってお誕生日会をした子どもたちもいました❤

 

 

 

触って冷たさを感じたり

形の変化や動きを見たり

様々な遊び方で楽しめました♪

 

以上、れいあろはでした!

〈ひかり〉思い出のメロディ 第二回ひかり音楽祭

 敬老の日、高齢者グループホーム〈ひかり〉では『第二回ひかり音楽祭』を開催しました。今回は、職員の演奏を聞いていただくのではなく(少しはありましたが)演じる主役は利用者さんでした。
 敬老の日を祝ってもらう主体が自分で演じるというのは、ちょっと、
「?」
 かもしれませんが、楽しむということで最高なのは、やっぱり自分たちでやってみることだと思います。職員の私たちとしては、皆さんに楽しんでいただくお膳立て、準備をするということ。今回の敬老の日は、いわば発表会という感じの内容でした。

お似合いです(^^♪

 歌が認知症予防にも、それから認知症そのものにも有効だということはよく知られています。認知症の進行を緩やかなものにするといわれる回想法のなかにも音楽は含まれています。
 しかし、そういったあれこれの理由よりも、何よりも歌うことは楽しい。楽しいということは何にもまして大切なことなのだということです。
 利用者の皆さんが得意とすることろは、もちろん懐かしのメロディですが、究極の懐メロともいえる童謡については、非常に詳しく、誰かが歌いだすと、すぐに皆が一緒に歌いだします。歌の力、音楽の力というのは凄いと実感します。

 私も元々音楽は好きですが、歌うことは本当に楽しいと、利用者さんの様子をみてあらためて感じました。楽しめるということが、本当に大切です。
 それから、楽しむということは、ひと手間かけた方がより楽しくなるということ。たとえばただ歌うだけではなく、衣装を着て、人前で歌えばさらに楽しくなるということは、その時の様子を見ていただければわかると思います。
 皆さん本当に楽しそうですよ。

youtu.be

〈どれみ〉どれみの夏~色水遊び~

名張育成会が運営する児童発達支援センターは、支援を必要とする0歳から18歳までの地域に住む子ども達が通う施設です。相談支援専門員、保育士、臨床心理士理学療法士作業療法士言語聴覚士のスタッフが在籍しており、各種の専門的な様々な視点から子ども達を支援しています。

 

どれみの屋上にでると、とんぼを見かけることが多くなりました。残暑の中、さわやかな心地よい風が吹き渡り、秋の気配を感じる今日この頃です。

 しかし、どれみでは、暑い時期ならではの遊びと言っても過言ではない水遊びも、プール・色水遊び・泡遊びへと移り、佳境を迎えています。

今回は、その中でも色水遊びについて、お伝えしたいと思います。

 

雨天時、スーパーや店先でよく見かける傘袋。この傘袋を使い、色水遊びをしました。食紅を使って赤・黄・青・緑と鮮やかに色付けした色水の傘袋を、日よけのテントに吊るして準備しました。

 

こちらはBチームでの子ども達の様子です。

 

じっくりと様々な感覚遊びができるように、今回は1人1本ずつ、冷えた色水の傘袋も準備しました。職員と一緒に触れたり、“冷たい”を感じました。火照った体に心地よく、何度も冷たさで手を引っ込めてはまた触れるを繰り返す子もいました。中には、冷えた傘袋、吊るしてある傘袋(常温のもの)を順に触っては、「冷たい」「あつい」と温度の差に気付く子も!!

 

 

爪楊枝で色水の傘袋にちょんと刺すと…勢いよく色水が流れ出します。

これには子ども達も大興奮!!

 

 

流れる水をカップで受けてたり、職員に手伝ってもらいながらカップがいっぱいになるまで色水をためて遊ぶ子の姿もありました。

 

 

色んな色水を夢中でカップで受けていたら、気付けば…渋みが増した緑茶のような深みのある色水に変わっているなんてこともありました。

 

Bチームの子どもたちの中には、初めての傘袋の色水遊びを体験する子も多く、最初は色水には目もくれず、プールの中で夢中で遊びます。まったく傘袋が眼中になかった子も、回数を重ねるごとに、色水遊びで使っているカップに気付き、そのカップを使って水をすくっては流すを繰り返し遊びだし、そしてその翌週には、傘袋から出る色水をカップで受けて色水をためて遊ぶ子の姿がありました。

回数を重ねることで、子どもの遊びのバリエーションが広がっていきます♪

 

次はAチームの様子です。

Aチームでは経験している子どもたちも多くいます。ハンガーラックに吊り下げられた傘袋を見ると、去年の遊びを思い出したのか、“カップはどこ??”と探す子の姿もありました。

 

爪楊枝で傘袋に穴を開けてみることにチャレンジする子も。

プス、プス、プス、プス、プス…

すると、あっという間に色水のシャワーの出来上がり!!

 

 

また、カラフルなセラピーボールをプールに入れてみると、カップに溜めた色水と同じ色のセラピーボールを入れて楽しむ子の姿もありました。

療育後は、職員は片づけに入ります。“いっぱい楽しく遊んだんだなぁ”という痕跡がたくさん!!子どもの遊んでいる姿を見ていなくても、夢中になって遊んだのだろうと思うと、片付けも一瞬にして楽しくなる時間です♪

 

どれみの水遊びも、残すところあとわずかになってきました。思い残すことのないよう、子ども達と一緒に遊びきりたいと思います!!

 

最後に、壁面をご紹介します。

4Fの壁面には、Tシャツ型に切った画用紙に、Bチームの子ども達がフィンガーペインティングした作品を、壁面担当職員が素敵に仕上げてくれました!!

 

 

色鮮やかなTシャツが映える壁面になりました。

(「素敵なTシャツ~」と、蝉たちも眺めてくれています♪)

 

そして、5Fの壁面には、8月のブログでも紹介をしたAチームの子ども達のきんぎょがにげたの作品も壁面に飾っています。

 

 

どれみにお越しの際は、ぜひ壁面もご覧ください♪

〈ひびき〉今月のお菓子は・・・?

こんにちは!ひびきです。

「ひびき」は、気軽に集うみんなの空間として、居場所の提供や活動の開催、日常生活の相談を行っている事業所です。

 

ひびきでは、今月のお菓子作りで

『栗と小豆のパウンドケーキ』を作りました!

パウンドケーキとは、バターケーキの一種。

小麦粉・バター・砂糖・卵をそれぞれ1「ポンド (pound)」ずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけられたそうです。

 

ポンドはあまり日本では使われない単位ですが、調べると

1ポンド=約450gとのこと!

由来も調べると、面白い発見がありますね💡

 

今回は、ホットケーキミックスを使って作りました!

まず最初に、バターと砂糖をすり混ぜます。

ポイントは、バターが柔らかく、ふわふわになるまで混ぜる!!

次に、卵、ホットケーキミックスと順番に少しずつ加えて混ぜます。分離しないように少しずつ加えるのが重要です。

ひたすら混ぜる工程なので、順番に交代しながら…

 

続きましては今回の主役、栗です🌰

細かく切って生地に入れます!

           

もう一つの主役、小豆も!

こちらは生地の間に重ねました。

いよいよオーブンへ!行ってらっしゃい!

ケーキが焼けるまで40分程かかるので、今日の空き時間はこちらを作ろうと思います!

ヒントはこちら↓

何やら味のある器ですが、これを使って…🤔?

 

抹茶ラテを作ります!!

抹茶と砂糖をお湯で溶いて、牛乳を注ぐと完成!

参加者それぞれが自分のラテを作りました。

トップバッターは皆さん遠慮していましたが、職員が1つラテを作ると、「次私するわ!」と声があがります😊

抹茶の良い香りね~♪としみじみ…

 

これで後はケーキが焼き上がるのを待つだけ。準備万端です!

そしていよいよケーキの完成。

思わず「おお~」と歓声があがり…

(無事に仕上がってホッとする職員でした😅)

 

今日いただいた感想は、

・栗と小豆が入っていて美味しかった!抹茶との相性も良い。

・皆さんと順番に混ぜて楽しめた!

・絶品のパウンドケーキをありがとう!

 

などなど、ありがたいお言葉😢

今後も励みに、頑張ります!

来月のお菓子作りもお楽しみに~♪

 

名張育成会 地域活動支援センターひびき