〈ひかり〉テーマとストーリー

 タイトルだけを見ると、「何のこと?」と言われそうですが、今回のテーマは理念とクレドについてです。
 法人に理念とクレドがあるように、〈ひかり〉にも理念とクレドがあります。〈ひかり〉は小さな事業所ですので、理念もクレドも、こじんまりとした可愛らしいものです。

■理念

クレド

 いまさらのことですが、理念というのは、「ものの原型」、〈ひかり〉という事業所の根底にある不変的な考え方のことです。クレドは、理念をより具体的な行動へと落とし込んだものです。
 理念は抽象的なものですが、クレドはそれよりも具体的になります。理念は不変と書きました。しかし、クレドは変化する場合もあります。状況によって、進歩(成長)によって「流動的に活用」されるものだといいます。

 さて、ここからがタイトルと関係してきます。理念とクレド。それは、物語におけるテーマとストーリーの関係のようなものだと考えています。マンガ、アニメ、テレビドラマ、映画、小説等々様々な物語がありますが、登場人物や舞台装置を取り払ってみると、皆同じ構造です。主人公がいて、色々な困難を乗り越えて成功する、あるいは失敗をする。言ってみればそれだけのことです。ストーリーは類型的で、どんな話もある形にほぼ収まります。ストーリーに違いはないと言い切ってもいいかもしれません。
 では、違いはどこに生まれるのか。面白いか面白くないか、その差はどこで決まるのか。テーマで決まってきます。その物語がストーリーを通して「なに」を伝えようとしているのか。その「なに」に当たるものがテーマだということです。

 理念を物語におけるテーマだとします。クレドをストーリーとします。クレドが実際の支援に活かされるかどうかは、理念を職員がしっかりととらえているかどうかです。
 理念もクレドも人あってのものです。その人が、理念についてどう考えるかによって、その人の行動が変わってきます。つまり同じクレドによる行動でもあっても、理念を理解していれば、より質の高いものになるということです。逆に言えば、理念について全く意識したことがなければ、クレドは実行されないという場合すら起こるかもしれません。

 支援にそれほど大きな違いがあるわけではありません。たとえば、食事、入浴、排泄、更衣、移動等々、施設によってやり方がまるで違うということはないはずです。少なくとも介護系のサービスの場合、極端な違いはないだろうし、何よりも職員に求められるものもだいたい同じです。で、あるならば、違いはどこで生まれるのか。結局のところそれは、職員の行為行動における質の違いだということになります。仕事の質は理念を意識しているかどうかによるのではないでしょうか。

〈ひかり〉のクレドに当てはめてみます。たとえば〈ひかり〉のクレドにある「えがお」です。理念を意識していれば、自然に笑顔も出てくるでしょう。「よりそう」についていえば、たとえばコミュニケーションのとりにくい利用者さんに対しても、粘り強く、優しく、寄り添うことができるはずです。理念を念頭に置いているかどうかの行動の差は、非常に大きいといえます。
 ある有名な漫画家氏が、テーマ(理念)とストーリー(クレド)についてこんなことを言っています。
「テーマはさりげなく、ストーリー(シノプスと本当は言ってます)は丁寧に」

 理念はさりげなく、クレド(行動)は丁寧にということでしょうか。
 理念は声高に言い続けなければならないものではなく、それぞれが自分の中にしっかりと持っていればいい、ということを「さりげなく」だとします。
 クレドを丁寧にということは、誰にでもできる当たり前の仕事を丁寧にしようということだとします。
 丁寧に仕事をすることで、当たり前の仕事が当たり前でなくなります。この丁寧な仕事をするという部分が、理念と関係してきます。丁寧な仕事というのは、細かいところを気にするということやルーティンに陥らないということも含みます。クレドは流動的であるというのは、何度もやっている同じ仕事でも、その内容を見直し、どこかに改善する点はないかと考える、良い方への変化があるという意味だと考えています。当たり前のことが、さらに良くならないかと考える、その考えることの原動力が理念です。
 不変である理念を自分の中に入れておいて、いま自分がしている仕事を見つめたとき、ここを変えれば、もっと良くなるというところが見えてくる。不変である理念と流動的なクレドの関係というのはそういうものではないでしょうか。

 理念を自分の中に入れるためには、自分なりの解釈が必要だと思います。自分の言葉で理念の意味を語ることができるということです。高尚で難解な言葉で語る必要はありません。今使えるだけの自分の言葉で、理念を解釈してみる。それが稚拙なものであっても気にする必要はありません。たとえ今自分が語ることのできる理念の解釈が稚拙なものであっても、勉強と経験によってどんどんレベルアップしていくはずです。
 しかし、人によって解釈が異なる場合、それで本当に良いのかという意見もあるかもしれません。統一した見解がなければとんでもなく的外れの解釈をしてしまうのではないか。確かにそのリスクはあります。ですからこの線は絶対に外してはいけないというものが必要です。それは基本的人権ではないでしょうか。この点についても某有名漫画家氏はこんなとを書いています。
「漫画はどんな表現も許されるが、基本的人権は絶対に踏み外してはいけない」

 理念について自分の言葉で語ることができれば、クレドを日々の支援の中で実践するための手がかりになる。そのように思います。
 また、理念の解釈、クレドの実践については、時々、皆と話し合うことも大切だと考えています。人と話し合うことで独善に陥るリスクも避けられるし、何よりも人の意見に耳を傾けることで、自分の考えを深めることができます。
 これが〈ひかり〉で働く私たちの、理念とクレドへの向き合い方、と言えばいいでしょうか。

※今回は動画ありません(^-^;

miraireport.hatenablog.com

 

<どれみ>  オイルモーションでうっとり

こんにちは、どれみです。

 

名張育成会が運営する児童発達支援センターは、支援を必要とする0歳から18歳までの地域に住む子ども達が通う施設です。

相談支援専門員、保育士、臨床心理士理学療法士作業療法士言語聴覚士のスタッフが在籍しており、各種の専門的な様々な視点から子ども達を支援しています。

 

みなさん

オイルモーション(オイルタイマー)をご存じですか?

オイルモーションはアメーバ状になった液体が落ちる姿をみて楽しめる不思議なアイテムです。

 

 最近では様々な種類のオイルモーションがあり、どれみにはこんな種類があります。

 

1滴ずつゆっくりと流れ落ちるオイルは、子ども達の眼で追いやすく、興味を持つ子はいつまでも見入ります。



ある子は教えたわけでもないのにオイルがすべて流れ落ちると自分でひっくり返して落ちるオイルをエンドレスに見続けます。

 

そしてまた別の子はうつ伏せになり、床に置かれたオイルモーションを見入り、半分過ぎるとパタンと倒して終了します。

 

またまた別の子は机にオイルモーションを置き、職員にもたれながらこぼれそうになる涎をすすって見入ります。

 

涎をすすりながらうっとりとオイルモーションみている子どもの姿をみて私もうっとりしました。

 

ある日、100均のお店に寄ると、陳列棚にオイルモーションの姿を見つけました。思わず手を伸ばし購入。職員室の机に置いて時々ひっくり返しては眺めています。

ふと顔をあげて周囲を見ると、オイルモーションを置いている机があっちにもこっちにも。

 

このオイルモーションは視覚を刺激すると共に、更に落ち着く色を選択する事で癒しを得る事が出来ます。

子どもも大人も楽しめるオイルモーションのお話でした。

 

 

〈ひびき〉写真倶楽部 作品紹介📷

こんにちは!地域活動支援センター ひびきです。

「ひびき」は、気軽に集うみんなの空間として、居場所の提供や活動の開催、日常生活の相談を行っている事業所です。

 

写真倶楽部が昨年春から始動し、1年が経ちました。

↓写真倶楽部についてはこちらもご覧ください♪

miraireport.hatenablog.com

メンバーさんの撮った作品を少しご紹介します!

         

         

この日は、接写をテーマに植物をアップで撮りました。

普段何気なく見ている、または通り過ぎてしまうような風景の中から、よく観察して…📷

以下、撮影者のコメント付きです。

事業所に咲いていたニラバナ。

普段は上から撮ることが多いニラバナを、今回は下から上に、動きのある写真にしてみました。

 

ひびきの庭に咲いた、チューリップ🌷

とても綺麗だったので思わず撮りました!

このチューリップは、自分も球根を植えたので、成長が嬉しくて。

 

他にも1年間の集大成として、撮った写真を使って今年のカレンダーを作りました。

季節に合った写真を選び、印刷して世界に1つだけのカレンダーに。

こんな感じの写真を使いました!

せっかくなので、写真倶楽部での活動についての感想を聞いてみました。

 

一番の大きな変化は、写真を撮ってみようと思うことが増えた。

活動でお菓子を作った際にも、出来上がったお菓子を撮るようになった。

(最近は誰よりも早く携帯を持って来て、写真を撮る姿がよく見られます。嬉しい!)

他にも、広告やカレンダーなどの写真も注目するようになった。

興味が湧いてきたからかな。

という感想をいただきました!

 

今後もお気に入り作品(ベストショット)を定期的に紹介していけたらと思っています!

次は作品にタイトルもつけてみようかな?

 

名張育成会 地域活動支援センターひびき

〈成美〉野菜作り、はじめました🎵

皆さんこんにちは。

三重県名張市にあります知的障害者入所施設の「成美」です❕❕

 

今回は、4月から取り組んでいる「野菜作り」についてご紹介します。

草ひきから始まり、土を耕し、肥料やたい肥を混ぜて苗を植えました。

苗がまっすぐ上に伸びるように支柱も立てました。さらに、雨よけまで。

  

 

 「野菜を育てたい!!」と言い出した私(M)ですが、野菜作りは全くの素人。なので、詳しい職員におんぶにだっこでやっています。(笑)

H職員、K主任、本当にありがとうございます❕

 

植えた野菜は、「トマト🍅」、「きゅうり🥒」、「ピーマン」です。

毎日午前中と夕方の涼しい時間帯に水をやります。

 

 

「大きくな~れ🎵 大きくな~れ🎵」

そんなことを思いながら大切に育てています。

「野菜が出来たらどうやって食べようか?」と聞くと、「バーベキューで食べる(^^♪」と嬉しそうに話してくれる利用者の方もいます。

無事に育ってみんなで美味しく頂けたら、きっと皆さんの笑顔がたくさん見られるだろうなと楽しみにしている今日この頃です。

 

以上、成美でした。

                            名張育成会 成美

〈とも〉余野公園へピクニック✊😆

こんにちは、名張育成会生活介護事業所ともです。

 

ともでは、春を満喫しようと、ツツジの名所として名高い、伊賀市柘植町にある余野公園ピクニックに行ってきました✌

 

公園内は、と――――っても、ひろ―――――いやんか😲

 

到着して目の当たりにした胸をすく景観に、いや応なしに期待が膨らみます⤴⤴⤴

 

しかーし、何と言っても余野公園といえばツツジでしょ😀

今が盛りと園内を紅く染めるツツジに感動(^_-)-☆

 

でもでも、ピクニック来たら、お弁当ランチが一番の楽しみ👍

戸外でのランチは至福の時間です☺

花(ツツジ)よりお弁当(^^♪     黙々と舌鼓をうっています🤩

 

食後に園内を散策。新緑のシャワーを浴びながら、ゆったりとした時間が流れます☺

 

ツツジの並木道を散歩😃 ええとこやな―――☺☺☺ 

 

公園には、横を走る関西本線で活躍していたSLのD51が展示されてます。迫力満点!(^^)!

機関車の運転席に乗りパチリ📷 運転士気分、最高―――☺

 

大満足の一日でした♡

〈ゆぅら〉めざせ!!マーチングバンド

放課後等デイサービス ゆぅらです(*^_^*)

ゆぅらは、小学校1年生~中学校3年生までの支援を必要とするお子さんが、放課後や長期休暇に利用できる福祉サービスです。

 

ゆぅらクラスの奥に「太鼓倉庫」と呼ばれる扉があります。

扉の向こうには何があるのでしょうか・・・(?_?)

子どもたちにとっては何だか不思議な扉

時々目をキラキラさせながら格子戸の隙間から中を覗いてみたり

時にはちょっと中に入って見ようと試みることも

子どもたちがあまりにも興味がありそうなので

太鼓倉庫の中から取り出したのは(・・?

もちろん太鼓

あっという間に子どもたちが集まってきました!!

そして・・・

「学校で使ったことあるよ~」

見たことはあるけれど触るのは初めて

何だこれは??と気になる楽器がたくさん出てきました(^O^)/

 

さぁ!!

大きなシンバルの音を合図に楽器隊が始まりました!(^^)!

 

ぼくも!!私も!!やってみたい!!シンバルは、形も音も魅力的(*^^*)

木琴をひとつずつ叩いていくと弾むようないい音がするよね

こちらは太鼓のバチで優しくなでるように癒しの音

兄弟セッション

太鼓を前にすると気分はドラマー

ケースから出てきたのはアコーディオン!!

どうするのかな?と見ていたら

ちゃんと肩から下げて音を鳴らし始めました。

やっぱりアコーディオン大人気!!

おともだちのところへ行き 弾き語りかな(#^.^#)

いつの間にかアコーディオンがランドセルになってしまいました。

「誰が弾いてくれますか~」

大人が弾くアコーディオンと歌声に合わせてリズムよく太鼓を叩き

一気にオーケストラ(・・?ムードに

今は自由な音楽隊ですが、いつかみんなで合奏できたらいいな(#^.^#)

みなさんにご披露できる日がくるかもしれません。

お楽しみに(^_^)v

以上、ゆぅらでした。

〈ワークプレス栞〉 職員Nのお気に入り作品 !

 

                  名張育成会ワークプレス栞、通所事業所です。

 

                  以前にもご紹介しましたが、ワークプレイス栞は生活介護

                  就労継続支援事業B型の多機能型施設です。

                  今回は、生活介護(彩)のアトリエでの作品紹介Part10😁


              独特なが斬新です!(はがきサイズ)

                

       

     

     

        

      『キタコアリクイ』 『テッポーエビモドキ』  『ジョウモンタ』

 

          

     

  

 

               

          

    

    『パラマンパアマガエルモドキ』     『カナブン』                

     

     コバネイナゴ』        『アリグモ』

          

              

       

 

     

        

   

  ※併設の〝Café 輪″の営業時間(開催期間中)

      営業日  : 開廊日のみОPEN

      営業時間 : 11:00~16:00

         (ラストオーダー : 15:30)