〈どれみ〉かたつむり・雨粒の制作

名張育成会が運営する児童発達支援センターは、支援を必要とする0歳から18歳までの地域に住む子ども達が通う施設です。相談支援専門員、保育士、臨床心理士理学療法士作業療法士言語聴覚士のスタッフが在籍しており、各種の専門的な様々な視点から子ども達を支援しています。

 

どれみに新しいお友だちがやってきました。

この時期と言えば、そう!あの方…かたつむり!!

 

実はこのかたつむり、去年もどれみで大活躍してくれたヒーローです。

(職員がこの1年、大切にお家で育ててくれていました。ありがとうございます!!)

今回は、かたつむりを題材として、絵具をつかった制作の様子をお伝えします。

Aチームのクラスでは、導入として『かたつむりののんちゃん』の絵本を読みました。

“のんちゃん”の絵本の世界観に入り込む子ども達も多く、中には、のんちゃんを含めたたくさんのかたつむりが出てくるシーンになると「どれがのんちゃん??」と目を輝かせてのんちゃんの姿を探します。

今回の制作には、丸く切った画用紙をかたつむりの殻に見立てて、手を使って絵具をつけて楽しみます。

職員がまず見本を作ると、見ている最中からうずうずする子ども達。絵具の入った鉢の中に手や足、身体で感触を感じながら、思い思いに子ども達の作品を作りました。

Bチームのクラスでは、絵具遊びの経験が少ない子も多かったので、絵具に触れ、絵具遊びを経験することをメインで制作の活動をしました。

自分から進んで絵具に触れることが難しい子は、職員の力を借りて、一緒に絵具が入った鉢に手を入れて付けます。

手に付いた絵具をまじまじ見る子、もう手に付いた絵具を拭きたくてたまらない子、それでもまた触れたい子、一刻も早くその場から去りたい子…等、様子は様々でした。

しかし、回数を重ねると、1回目の活動は全力で嫌がっていた子が、2回目からは自分から手の平についた絵具を画用紙にぺたんと手形をつけてみたりする子の姿もありました。

子ども達の経験を積み重ねることの大切さを感じた一場面でした。

 

素敵な子ども達の作品たちは、壁面担当の凄腕保育士たちの手にかかり、

ジャーン!!

上は、Aチームの作品たちです。

(Aチームの子ども達は、カタツムリの目を描いて、糊を使って目と殻をくっつけてくれました)

(おいしいごはんを食べさせてあげようと、ある子はキャベツを描いてくれました。おいしそうなキャベツにつられて、かたつむりたちが寄ってきます!)

(ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん♪賑やかな雰囲気に、かたつむりたちも楽しそうですね)

 

そしてこちらはBチームの作品です。

(こちらの雨も子ども達が作った作品です。雨粒型に職員が切りました!恵みの雨に降られ、かたつむりたちもアジサイの葉の上でいきいきしています)

(おつきさま、こんばんは!)

 

子ども達の思い経験がたくさん詰まった6月にぴったりの壁面になりました。

4階玄関前、5階の事務所前に飾ってありますので、お立ち寄りの際は子ども達の作品をぜひご覧ください。

 

以上、どれみでした!